fc2ブログ

記事一覧

リニアトンネル崩落事故について

logo_title_m_2_20211015215814671.gif

●10/27の7:20に岐阜県中津川市瀬戸のリニアのトンネル工事現場にて崩落事故が発生いたしました。

1人が死亡、1人が怪我をされたとのことです。

お亡くなりになられた方へ「ご冥福をお祈りいたします」




この事故に関して気になることがありましたので、過去のデータを調査したところ、予兆となる地殻変動を捉えていたことが分かりました。

時系列にすると

① 10/7の22:00に防災科研(Hi-net)のなかつがわ観測点で10/7の22:00に大きな反応
Hinet2021100722.png


② 10/7の23:09に音波解析法のNⅥ(神奈川県より北西方向)のTADAアンテナに周波数241Hz/-84.7dBの反応
アニメ


③ 10/15の22:00にブログにてNⅥ_中部地方_M 5.3±0.5(震度5弱前後)でサプライズ予知情報配信

④ 10/27の7:20にリニアトンネルにて崩落事故発生

●神奈川県のTADA地震火山予知研究所から岐阜県の事故現場までの距離は、151kmで周波数が241Hzということは、

151km÷241Hz=0.627km(627m)

一波長627mの中波帯(MF)の予兆となる電波を捕捉したことになります。(目には見えない電波ですが、メイプル超合金の「ここWi-Fi飛んでるな」みたいな感じで地震や火山の予兆となる電波も飛び交っているのです)

Hi-netは観測点が多いことと、反応から予兆を見分けることができませんが、音波解析法を併用することで、地殻変動している場所を突き止め(現在は一拠点のみの為、方向と距離から、おおよその地点しか割りだせませんが、三角に観測点を配置(国内に二点追加するだけ)することで震源位置を割り出すことが出来ます)、崩落の注意喚起を行うことが出来る可能性を発見いたしました。

今後、世界中の掘削工事(タテホリホリ、ヨコホリホリ)に利用できるかもしれません。

img_2[1]

img_1[1]

img_0[1]
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DATAのTADA

Author:DATAのTADA
プロフィールや詳細についてはホームページやWikipediaに記載しておりますのでご確認ください。

ホームページURL:https://tadaq.web.fc2.com/

Wikipedia:「TADA地震火山予知研究所」「多田 惠藏」「音波解析法」で検索してみてください。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2897位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
247位
サブジャンルランキングを見る>>

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします。
https://life.blogmura.com/saigai/ranking.html

アクセスカウンター